おつかれでーす。またまた業界に復活した零がやりたい放題書いちゃいます。


by rei-e

スイッチの入りついでに…。

零がよく耳にする言葉ベスト1。
『売られた喧嘩は買わなきゃいかん。』
うん、零はよく思う。
『売られた喧嘩も、売る喧嘩もうざったい。どうにかならんのか?』と。
売るほうも売るほうだし、買うほうも買うほうだと。零は一番嫌いだ、喧嘩が。ただでさえ、日常生活、寝ているのでさえ疲れるのに、仕事や人間関係や勉強で疲れているのに、まだやるかと、なぜにそう無駄なエネルギーを使いたがるのかと不思議に思うのだ。
飯食って、風呂はいって、寝るのでさえ大変なのに、なぜにそう頑張るのかと。頑張りすぎだよと零に言った女がいたが、おまえこそ頑張りすぎだぞと。
話は変わるけど、そんなあれやこれやの非常に慌ただしい日常の最中、零が出会った人間の中でおそらく一番の金持ち(億万)が、『頑張らんでいい』と言った人がいた、という興味のない人には何一つ面白くない零のお話。
うん、もちろん零にはその人の言葉の意味が分からないけど、今も分からないけど、その時のその人が何故だが『神様』に見えたんだよ。
『頑張らなくていい』だよ。
普通はさ、『頑張れ』『頑張ろう』『頑張らざるをえない』『頑張らなきゃいけないよね(?)』と言うのに、その人は『頑張らなくていい』と言ったんだ。
零は思った。
『本物は違うなぁ』と。
そこで、零はその人にこんな質問をしたことがある。『どうやったらお金持ちになれるの?』と。
その人はその質問にこう答えた。
うん、そのどこの誰だか分からない小娘の愚問に、声を荒げることもなく『答えるという単純な行為』に、『この人はとても優しい人』だと思ったよ、零は。
そして、この人はこう答えたんだ。
『俺は一回事業に失敗した。合法的に人を殴れるところに行き、人を殴った。そして、ある時、初めて人に救われた。その後、アメリカから帰ってきて、日本で仕事を始めた。』と。
うん、この人はすごく真っすぐな人なんだなと思った。
別に金持ちになるコツとか教えてくれたワケじゃないけど、その人はただ零の質問(ホント今考えるとチョ~失礼な質問、もはや愚問だよ)に、『ただただ正直に質問に答えただけ』なんだけどさ。
たぶん、この人は多くを語らずして、人生は自分の力でしか変えられない、金持ちになるコツはないけれど、『自分の人生を一生懸命生きろ』と言いたかったのかもしれないよね。
零のとりとめのない無駄話、見てくれてる人、読んでくれてる人、ありがとう。零も日常のモロモロ『こなし作業』頑張ります!
[PR]
by rei-e | 2005-12-21 16:16